ネット風評監視システム リスクマネージャーで貴社を脅かすネット上のネガティブ情報を早期に発見!

機能紹介

リスクマネージャーは、匿名掲示板「2ちゃんねる等)や国内主要ブログサイト、クチコミサイト、ソーシャルメディア(ツイッター、フェイスブック等)といったネガティブ記事が掲載される危険性の高いサイトを予めデータベース化し、弊社独自開発のクローラーにサイト内を毎日定期巡回させ、企業名やサービス名のキーワードとネガティブキーワード(悪徳、ブラック等)が関連付けられたネガティブ記事を収集し報告するシステムです。

2chのコピーサイトはもちろん業界別・地域別クチコミサイトなども巡回先リストに組み込んでいます。新たに出現してきたクチコミ系サイトも逐次巡回先リストに追加し、定期的に巡回先リストを最新のものに更新しています。
イメージ

リスクマネージャーの機能

  • キーワード設定機能

    監視対象となる「企業名」や「商品名」「サービス名」といったブランドキーワードを設定できます。
  • ネガティブ記事収集機能

    ユーザーが自由に情報を発信できる匿名掲示板やブログ、クチコミサイト、ソーシャルメディアなどからネガティブ記事が発生しやすいサイトをデータベース化し、ネガティブ記事が発生していないかをクローラーが毎日定期調査し情報収集します。
  • ネガティブキーワード収集機能

    「企業名」などのブランド名キーワードとともにネガティブ記事発見の際の重要キーワードとなるネガティブキーワード(悪評、ブラック等)が監視システムに予め組み込まれており、「企業名」や「サービス名」とネガティブキーワードが関連付けられている可能性の高い記事サイトURLを自動収集します。
  • レポート機能

    専用の管理画面上にて、毎日最新のネガティブ情報収集結果を閲覧できます。またCSVにて結果をダウンロードでき、時系列的な情報分析が可能です。
  • 予測されるリスク報告機能

    企業の風評リスクに関して、リスクマネージャーの監視調査より収集したネガティブ記事を分析し、ネガティブ情報を抽出する「リスクデータマイニング」を用い、更にネガティブデータから将来起こりうる重大なリスクの予兆検出を行いリスク報告を行います。

リスクマネージャー報告画面サンプル

  • 設定キーワード・抽出時間・抽出件数

    設定キーワード・抽出時間・抽出件数

    ネガティブ情報レポート機能

    ネガティブ情報レポート機能

    結果表示

    結果表示

リスクマネージャー利用登録

1ヶ月無料お試し
利用登録はこちら
利用登録はこちら